イメージをする瞑想

イメージをする瞑想

イメージをする瞑想

「イメージング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

これは、瞑想状態に入ったときに、頭の中になりたい自分や、欲しい未来をイメージするといった方法です。ここでは、このイメージをする瞑想「イメージング」について掘り下げていきましょう。

 

イメージングの目的

深い瞑想状態に入っていて、且つイメージングを繰り返せば、実際にそれが現実になると言われています。そのため、願望実現のために、瞑想をしてイメージングをするという方は多く存在しています。

 

スポーツ選手などのイメージトレーニングもこれに近いでしょう。

 

妄想との違い

頭の中でイメージをするというと、想像や妄想のように感じてしまうかもしれません。深い瞑想状態に入っているという以外は、そんなに方法に違いはありません。

 

ただし、深い瞑想状態にあるため、そのイメージはまるで現実のように感じることができるでしょう。特に願望実現のためにイメージングをする場合は、イメージの中で感じる感情を今感じることが重要です。願望実現ができているイメージですから、喜びの感情を感じると思いますが、その喜びを今のものとして感じることができれば、イメージングは成功です。

 

想像や妄想との違いは、この感情を今のものとして感じるという点でしょう。

 

イメージの仕方

一言で、「イメージをする」と言っても、なかなか慣れないうちは想像や妄想と何が違うのか実感できないかもしれません。

 

まずは簡単なものからイメージしてみましょう。簡単に手に入るものの、手に入れば喜びを感じるものです。例として大好きな食べ物としてみましょう。瞑想状態に入ったら、それを食べているイメージをしてください。食べて美味しい、嬉しい、と思う気持ちを存分に感じます。

 

感じたいだけその感情に浸って下さい。もういいかなと思ったらやめましょう。

 

これがイメージングです。なかなか手に入らないと今思っているものについては、この感情を感じるというものが難しいかもしれませんから、初めは簡単なものから、徐々に難易度を上げてみましょう。

スポンサーリンク