寝る前に行う瞑想

寝る前に行う瞑想

寝る前に行う瞑想

瞑想を行う時間は、1日のうちいつでも構いません。

 

ですが、夜寝る前や朝起きた後にするといいと聞いた事はあるでしょう。

 

これは何故かというと、寝る前や起きた直後のぼんやりとした感じが、深い瞑想状態に入りやすいからです。

 

ここでは、寝る前に行う瞑想について掘り下げていきましょう。

 

瞑想を寝る前に行うメリット

瞑想を寝る前に行うメリットは、前述のとおり、深い瞑想状態に入りやすいということが挙げられます。寝る前ですから、お風呂にも入っていて、リラックスしているでしょう。お風呂は朝派だという方も、寝る直前は体の力が抜けているかと思います。

 

こういった状態は瞑想に入りやすい状態です。

 

また、どれだけ忙しくしていても、寝る前に5?10分くらいなら時間が取れるかと思います。人間は毎日睡眠をとる方がほとんどでしょうから、習慣にしやすいのも利点です。

 

瞑想をすると眠くなりますし、深い瞑想状態は、睡眠の質をアップします。

 

寝る前にする瞑想の方法

瞑想方法は、特に問いません。どんな瞑想であっても構わないでしょう。

 

これから寝るということを考えると、動きながらする瞑想よりは、静かに目を閉じて己と向き合うようなタイプの瞑想の方がおすすめです。

 

座ってやっても、寝転がってやっても構いません。仰向けになってやると、瞑想途中で寝てしまうかもしれません。それは悪いことというわけではないのですが、瞑想しながら寝てしまわないようにしたいのであれば、座って行いましょう。

 

場所も布団やベッドの上でも、椅子の上でも構いません。

 

あとは、好きなように瞑想するだけです。眠くなってしまったら、瞑想をやめ、寝てしまいましょう。翌朝すっきりと起きる事ができるでしょう。

スポンサーリンク