瞑想をする場所

瞑想をする場所

瞑想をする場所

瞑想をしてみたいと思っているものの、どういった場所でするべきなのか、または場所がないとお悩みの方はいらっしゃるでしょうか。

 

瞑想をする場所はそこまでこだわる必要はありません。ここでは、瞑想をする場所について掘り下げていきましょう。

 

場所はどこにでもある

まず、瞑想をするための場所がないと思っている方は、瞑想には人一人が座れるスペースさえあればいいということを知っておきましょう。

 

家の中にそんな場所はいくらでもありますよね。1Kのアパートに誰かと住んでいるといったような場合でも、お風呂に入っているときやトイレにいるときは、一人になれるかと思います。

 

極端な話、瞑想状態に入ることができれば場所はどこでもいいので、トイレでも構わないのです。

 

お風呂のほうが、バスタブに浸かっている間はリラックスできるという点を考えると、おすすめではあります。

 

どんな場所を用意すればいいのか

場所はどこでもいいのですが、その場所がどういった状態であれば瞑想に効果的かということについて、ご説明しましょう。

 

瞑想には雑念があるといけないということを考えると、周囲はあまり乱雑でない方がいいでしょう。片付けをし、清潔にしてください。

 

また、騒がしい場所は初心者には向きません。なるべく静かな場所の方がいいでしょう。もちろん、一人になれる場所がいいのですが、一緒にいる人も瞑想をするというのであれば、別に複数人いても構いません。

 

明るい部屋よりは、薄明りのなかで瞑想をしたほうが、より深く瞑想状態に入れるでしょう。

 

こういった点を抑えていれば、瞑想をする場所はどこでも本当に構いません。

 

しかも、瞑想状態に簡単に入る事ができるようになれば、騒がしい場所で瞑想をしてしまっても大丈夫なのです。

スポンサーリンク