瞑想の初心者はまず何をするべきか

瞑想の初心者はまず何をするべきか

瞑想の初心者はまず何をするべきか

瞑想をこれから始めてみたいと思っている方、始めてみたものの、やり方がよくわからないという方のために、ここで基本的且つ初心者の方でもやりやすい瞑想方法や、瞑想との向き合い方をご紹介しましょう。

 

瞑想をする理由はそれぞれだとは思いますが、是非参考にしてみてください。

 

初心者におすすめの瞑想の方法

初心者の方が瞑想をするときに困ることは、やはり集中力を保てないということではないでしょうか。

 

初心者の方は、まず一定時間リラックスして座って目を閉じるという、瞑想の基本的な形に慣れることから始めましょう。楽に座り、目を閉じて最初は5分、10分と増やしていきます。呼吸はできるなら腹式呼吸、難しいようなら普通の深呼吸で構いません。

 

最初は雑念が湧いてくることも気にせず、ただ目を閉じ座りましょう。

 

それに慣れてきたら、今度は何かの言葉を決めて、それを心の中で唱え続けます。言葉に集中することで、他のことを考えないようにするのです。

 

言葉は何でもいいのですが、自分が心地のよい単語を選びましょう。雑念が浮かんできても、気にせずその言葉に集中しましょう。

 

これを続けていると、瞑想の理想的な状態である無がそのうちやってきます。

 

焦らず、少しずつ慣れていくことが大事です。

 

瞑想との向き合い方

初心者の方であれば、前述のようなやり方での瞑想で十分でしょう。

 

しかし、やはり本格的に瞑想をしたい!という方には物足りないかもしれません。そんな時は、「瞑想入門」というようなタイトルの入った瞑想本を読んだり、瞑想に関するウェブサイトを見て、瞑想とは何か、効果的な瞑想のやり方などを学びましょう。

 

さまざまなタイプの瞑想や、それに関する考え方について知っていく過程で、自分に一番合ったスタイルの瞑想に出会うことができます。

 

自分が何のために瞑想をするのか、そういったことを深く考えるきっかけにもなるでしょう。

 

ですから、初心者の方にはそういった瞑想論的な側面から瞑想に触れることもおすすめです。

スポンサーリンク