瞑想のための合宿

瞑想のための合宿

瞑想のための合宿

ヴィパッサナー瞑想では、合宿が盛んなことはご存知でしょうか。

 

このヴィパッサナー瞑想の合宿は、インドなどでも行われていますが、日本でも合宿可能な施設があります。

 

ここでは、この瞑想合宿について掘り下げていきましょう。

 

ヴィパッサナー瞑想合宿とは

ヴィパッサナー瞑想の合宿では、多くの場合参加者は10日間瞑想合宿施設に泊まることになります。このコースでは、さまざまなルールが定められており、参加者はそれに沿って生活をすることになります。

 

この10日間の間、瞑想法について学び、瞑想を実践していきます。特に経験がある必要はありません。10日間の生活では、タイムテーブルが定められていて、グループ瞑想をしたり、個人瞑想をしたりします。食事の時間、睡眠の時間も決められています。

 

また、合宿中は話すことも禁止されています。

 

この情報だけみると、窮屈な合宿のように思えるかもしれません。実際に体験した方も途中まではそういう風に感じている方も少なくありません。しかし、合宿が終わったあとは、合宿についてポジティブな見解を持っている方がほとんどです。

 

ちなみに、瞑想合宿は宿泊費・食費ともに無料です。施設は寄付により成り立っているので、合宿に行かれる際には、寄付をするといいでしょう。

 

どんな方に合宿がおすすめか

本格的に瞑想に取り組みたい方、心の平穏を求めている方などに瞑想合宿はおすすめできます。逆に、気軽に瞑想に取り組みたいという方には、瞑想合宿は厳しすぎるでしょう。

 

瞑想合宿は、瞑想経験がなくても参加は可能なのですが、瞑想というものについて、ある一定の理解をされている方ではないと、10日間乗り切るのは厳しいかもしれません。

 

当然、10日間喋ることが禁止ということは、携帯電話の使用もできません。寧ろそういったものに縛られいることに疑問を抱いている方なんかには、瞑想合宿がおすすめです。

スポンサーリンク